VMwareServer導入記 〜インストール編〜

どうも、irisawaです。

今回は、大分間が空いてしまいましたが VMWareServer導入記の第2弾としてインストール編をお送りしたいと思います。
インストールが無事に終了すればVMWareServerを動かす準備は終わったので、後は仮想環境を好きなだけ作って遊ぶ事が出来ますね!

では、まず前回のおさらいをしてみましょう。

前回

前回は、OSにVMwareServerをダウンロードする所までやりました。実際のVMwareServerの起動方法は端末を立ち上げて「vmware」とタイプするだけですが、
残念ながらダウンロードしただけではVMwareServerは動いてくれないので設定を今から始めましょう。

起動設定

まず、端末を立ち上げます。

①インストールに必要な3つのパッケージが存在するか調べ、存在しないパッケージをyumコマンドでインストールする。
rpm -q gcc
rpm -q kernel-devel
rpm -q xinetd

③root権限で/usr/bin/vmware-config.plを実行

④利用許諾契約を最後まで読み(enter,spaceで読み進める)、Do You Acceptの部分にyesを入力すると、設定ウィザードが始まる。

vmwareserver-install_image1

⑤メニューアイコンやアイコンの置き場所を聞かれるので、デフォルトの設定で問題なければenterを押して次へ進む。

vmwareserver-install_image2

⑥なぜインストールが止まってしまうかが未だに分かりませんが、kernelのバージョンとkernel-headersのバージョンが違うとここで止まってしまうので注意。自分はこの問題を解決するのに時間が掛かってしまいました。kernelのバージョンを調べるには「uname -r」コマンドを使用して調べる事が出来ます。

vmwareserver-install_image6

⑥ネットワーク設定後、前回入手したシリアルキーを登録すれば設定完了です。

vmwareserver-install_image4vmwareserver-install_image5vmwareserver-install_image4

⑦後は、端末で「vmware」とタイプすればVMWareServerコンソールが起動します。

vmwareserver-install_image7

以上で、VMWaseServerの導入の全課程が終了しました。このキャプチャ画像は、WindowsでインストールしたVMWareServer上のCentOSでキャプチャしています。仮想環境上で仮想環境が動くって何だか面白いですね。

2 件のコメント so far »

  1. by maru, on 11.01.08 @ 1:13 AM

     

    そのバージョンのカーネルが何を出来るのかを知る便利なインデックスがheaderだから、バージョンが違ったら困りますよね。

  2. by irisawa, on 11.06.08 @ 9:56 AM

     

    >maruさん
    コメントありがとうございます。
    カーネルheaderの役割が分かって、とてもスッキリしました。
    確かに、headerの情報とカーネルが食い違っていたら困りますもんね。

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree