フォローアップ PHP開発環境としてのEmacsとwebサーバ設定の基礎1

muroiです。
ディノでは毎週木曜日にフォローアップ講習というものを行っております。
今回は「PHP開発環境としてのEmacs」と、「Webサーバ設定の基礎1」という題で行われましたので、それについての感想を書きたいと思います。
尚、こちらの内容に関しての詳細は「ディノオープンラボラトリ」にて公開予定ですので、ぜひそちらをご覧下さい。

「PHP開発環境としてのEmacs」

このプレゼンではPHP開発環境等での心構えと、Emacsの使い方(hnwさんがEmacsを使っている様子)の紹介をしていただきました。
今回のプレゼンを聞いて、自分の使っている開発環境だけでなく他の人が使っている環境にも興味を持って、適切に取捨選択できるようにしていきたいと思いました。
そしてhnwさんのEmacsの使っている様子は・・・何とも凄かったです。うまく伝える事はできないのですが、本当にEmacsを使いこなすと無駄なく効率的に動いていくのだなぁと思いました。

「Webサーバ設定の基礎1」

こちらのプレゼンでは、自分でWebサーバの構築ができるようになるといのを目標に全2回で実施されるそうです。
本日の主な内容は

  1. Apacheの設定ファイル
  2. Apacheの設定ファイルの反映手順
  3. VirtualHost

という内容でした。
Apacheの設定は苦手であり、あまり設定する機会もないのでこれを期にしっかりと覚えておきたいです。

Apacheの設定ファイル

Apacheの設定は、httpd.confによって設定されます。さらに中で分離をするにはincludeで記述して分ける事ができるそうです。
以前askeetでVirtualHostを設定した際もこのhttpd.confに記述していったのですが、どうやらVirtualHostの設定も別に分けて設定ができるみたいで、というか普通は分けて書くべきなのでしょうか?
今後もう少し勉強していきたいと思います。

Apacheの設定ファイルの反映手順

Apacheはデーモンといって端末が存在しないので、シグナルを使って再起動させます。
また設定ファイルを変更した際は、そのまま再起動するのでなく、configtestをして、合っているか確かめてから再起動する必要があります。
たしかに、設定ファイルが間違っていて起動しなくなっては、一人で作業をしている時は構わないのですが複数等で作業していると他の人にも迷惑をかけてしまいますもんね・・気をつけなくては。
また再起動の方法として、restartの他にgracefulという方法とその違いを知る事ができ参考になりました。

VirtualHost

VirtualHostは一つのApacheサーバで複数のWebサーバとして使いたい時に設定します。
この辺の設定はうまく設定するのにも時間がかかってしまい苦手だったので非常に興味があります。

詳しい内容は次回という事なので、次回に期待です!

1 件のコメント so far »

  1. by ichikawa, on 10.31.08 @ 2:12 AM

     

    hnwさんのemacsはすごかったですね。
    しかし僕は高原さんと言う
    「生きているみたい」
    のhnwさんのEmacs操作をもっと見てみたいです。

    生命を感じるEmacsってどんなんですか。

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree