フォローアップ ARP偽装の恐怖, ロードバランサー

こんにちは。hirafujiです。久々の投稿です。

今回のフォローアップでは、「ARP偽装の恐怖」についてと、「快適なアプリケーション構築のための基礎知識」について学びました。
動画と詳しい内容については、ディノオープンラボラトリにて公開予定です。そちらもぜひご覧下さい!

以下、私の感想です。

【ARP偽装の恐怖】

本日は、IPネットワーク、イーサネットなど、私たちHAPPY5は以前学んだことのある内容についての発表でした。ARP偽装の恐怖について学ぶには、前回学んだイーサネットと、今回学んだIPネットワークについてしっかり理解しておく必要があるそうです。下準備、ということですね。

今回の発表に関係する、スタートアップ研修記の記事はこちらです。

前回のフォローアップの記事を書いたirisawaに引き続き、すでに知っているポイントが出て来るたびにニヤリ、ニヤリとしながら聞きました。
しかし、以前学んだこととはいえ、残念ながら忘れてしまっている部分もあったので、これを機に復習しようと思います!

【快適なアプリケーション構築のための基礎知識】

表題の通り、快適なアプリケーション構築のための基礎知識について、中でも今回は「ロードバランサ」について学びました。ロードバランサについては、私は名前を聞いたことすら無い様な状態でしたので、初めて学ぶことの連続でたいへん興味深く聞きました。

快適なアプリケーションを構築するには、「リクエストからどんな情報が取得できるかを知り、稼働するシステムの仕様と負荷特性を知っていること」が重要だそうです。
確かに、より多くの人々に使ってもらえるサービスを作ろうと思うならば、そのサービスによってサーバーにかかる負荷についても考慮しながら構築する必要があります。そこで、ロードバランサが、サーバーにかかる負荷をどの様な方法で軽減させることができるのか、また、その時にどんな課題があるのかを知っておく事が重要なわけですね。
実際に私がロードバランサに触れたり、ロードバランサを用いるサービスに携わる様な機会はまだ無さそうですが、今回学んだことをしっかり覚えておいて、いざという時に役立てたいと思います!

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree