PHP データベースをphpで操作するための関数

ichikawaです。
PHPでデータベースを操作するため、どのような関数を使えば良いのか、勉強しました。
今日習った関数は以下の4つです。

この関数を使い、データベースから読み出して、何か操作して、閉じる。という流れにそって操作して行きます。pg_closeで接続を解除しなくてもPHPは動きますが、そのままだとデータベースにつなぎっぱなしなので、処理が終わったらきちんと閉じるように、とのことでした。

これでデータベースとPHPとを関連づけることができました。
PHPとDBはいままで個々の講習で受けていますが、この関数を使うことでお互いを接続することができした。なんて素晴らしいことなのでしょう。さらに、前回のCSSの授業でHTMLとデザインのCSSを繋げることを勉強しましたので、これで私は一気に夢が広がりました。
しかし要素が増えるにつれて複雑になったのも事実です。これらを混同、混乱しないためにも、一つ一つの分野をきっちり身につけて行こうと思います。

授業の後半は、「ではここまで習ったものを駆使して、カレンダーとスケジュールを自分なりに仕様を作り、その完成にかかる期限を設定しなさい」 というお題が出されました。
まだ決定ではないですが、私の場合は、スケジュールをデータベースで管理して、時間順に表示できるようなものを作りたいと考えています。

余談ですが、自宅にいるときにコードを書きたいと思うことがよくあるので、いまはmacを買って自宅でプログラムを作られる環境を設定する計画をしています。

1 件のコメント so far »

  1. by スタートアップ研修記 » 自宅で開発環境セットアップ, on 11.17.08 @ 1:23 PM

     

    [...] と7月の日記でも書いていました。 データベースをphpで操作するための関数より [...]

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree