フォローアップ講習、PAGER、UML

ichikawaです。
初めてフォローアップ講習について書きます。

この講習に関しては理解があまりできていませんが、よろしくお願い致します。

Pager

本日、まずはPagerについて学びました。
Pagerとは、現在のウェブページではどこにでも見られる機能で、
通信販売とか、掲示板、ニュースなど、何かの一覧が並んでいる時、「次の○件」、「前の○件」とか出ている、あれです。
Pagerを使って、ああいった動きを作っているのだそうです。
前回のphpの授業でクラスの基礎を学びましたが、このPagerの説明でクラスを使った画面が出てきました。今までのフォローアップ講習ではさっぱりでしたが、今日は少し読めました。どういった動きかはあまりわかりませんでしたが。
インスタンスメソッドの中で様々な関数を使って、ページング機能を作っていくようです。難しいですが、できると面白そうです。
また研修で掲示板を作りましたが、この掲示板とPagerを合わせることができたら、また夢が広がりそうです。

UML

次にUMLについて講習を受けました。
ウェブシステムを他社様から受託開発で制作しているディノでは、「こういった仕様で作ってほしい」ということを図で提供されることも少なくはないそうです。その図の中でUMLという、E-R図のような規格に沿った書き方があります。
「その場合、きちんと規格に従って読んでいかなければなりません。」といった内容でした。
UMLを理解すると、そこからソースコードに変換することが便利になります。理想は、図を見たら頭の中でコードを思い浮かべることができるくらいだそうです。
それができたらすごいと思いました。
この講習を受け、「こんな書き方もあるんだ」と新しい発見をしました。
確かにいきなりコードを書いても難しいですし、読みづらいです。
要求と結果のずれが生じる原因である、あいまいな部分も軽減できるであろうし、これはいい方法だなと思いました。

上級レベルであるフォローアップ講習の内容は毎回難しいですが、4月の頃よりもだんだん理解でき始めたことが嬉しいです。いつか「フムフム、これは使いたい!」と言えるようになりたいものです。

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree