svn 他人とファイルを共有

ichikawaです。サブバージョンについて書きます。
前回の授業でできなかった、commitを使ってファイルの中身を変更したり、皆で共有してみました。

その手順と説明です。

ファイルの状態を確認
前回やった、このコマンドを使います。

svn status

結果、ファイルなどの表示の左にでる値の説明です。前回は”M”しか習っていませんが、それ以外のものが下記です。

  • A : 新しく追加されたファイル
  • C :コンフリクト。自分の処理と他人の処理が同時になること。
  • D :削除された場合に表示
  • M :修正されたファイルにつく。
  • ? :バージョン管理がされていなとこと。

ログメッセージをつけてコミットする、見てみる
コミットする際にコメントをつけることができます。

svn commit -m”コメント”

これを見るには

svn log ファイル名

を使います。同時にリビジョン番号や、コミットされた日時も表示されます。


最新の状態を知る
ファイルの変更など、現在の状況を表示するには下記のコマンドを使います。

svn update


新しくバージョン管理するファイルを指定する
バージョン管理をしたいファイルを指定できます。

svn add -N ファイル名


ファイルを削除する
バージョン管理から外します。

svn delete ファイル名

*注意 このコマンドを命令するとファイル自体もなくなってしまいます。バージョン管理を外して、ファイルを残したい場合は属性を変更するという作業をしなければなりません。それについては、後日載せたいと思います。


今日習ったのは以上のものです。
リポジトリを通して他人の変更したファイルなどを見られるのは、他人同士で同じファイルを共有しているという動きも理解できて、実際の仕事でバージョン管理を行うということの第一歩を踏めたと思います。

—-
(2008/06/24 17:49 hirafuji追記)
動画をご覧下さい!

1 件のコメント so far »

  1. by スタートアップ研修記 » svn 同時に同じファイルの編集, on 07.01.08 @ 7:29 PM

     

    [...] 主な内容は、まず前回の復習から行い新しいsvnコマンドもいくつか学習しました。 新しく学習したもの [...]

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree