データベース SQL文の書き方

muroiです。
今日はデータベースの使い方という事で、実際にPostgreSQLを利用しSQL文の作る練習をしていきました。

まず前回の確認も含めPostgreSQLの開始と終了の方法
・開始

psql

このように入力するとSQL文を入力できる状態となります。
ちなみに、この後ろに「–help」をつける事により、ヘルプ画面を見る事ができます。
・終了

\q

これでSQL入力画面を終了し、通常のbash画面に戻る事ができます。
これから一番使うコマンドになるのでしっかりと覚えておかないといけません。


次にデータベース内のテーブル表示と、テーブルの構造を確認するコマンドです。
・データベース内のテーブルの表示

\d

上記の記述で、データベースのテーブルを表示する事ができます。
・テーブルの構造を表示

\d hogeTable

これで、hogeTableというテーブルの列名、データ型、制約を確認する事ができます。
このような感じでよく使うPostgreSQLのコマンドを学習した後、今度はSQL文を実際に書く練習をしていきました。


・データを取り出す

という事で、今回はあるテーブルから指定した列だけを取り出すというSQL文を作っていきました。
[例題用テーブル]
CurryRiceというテーブルには、curryName列、curryType列、curryAge列、hoge列があります。この中からcurryName列だけを取り出すためのSQL文を作ります。
・カレーの名前を取り出すSQL文

select
curryName
from
CurryRice
;

といった感じのSQL文になります。
ちなみにSQL文は大文字・小文字を区別しないので、どちらで書いても大丈夫です。
実際には、もっとまともなテーブルがいくつか用意されており、いくつか取り出す列を変えながらSQL文を書く練習をしていきました。
慣れるまではひたすら書いて覚えていくのが重要なそうなので、どんどん練習して覚えていこうと思います!

SQL文の使い方を覚えて、DBを扱えるようになれば今までファイルで保存していたものや、他にもやれる事が増えていきますね!
今後の研修でしっかり覚えていこうと思います。

—-
(2008/06/18 17:00 hirafuji追記)
動画をご覧下さい〜!

1 件のコメント so far »

  1. by スタートアップ研修記 » データベース sql文の書き方#2, on 06.19.08 @ 6:26 PM

     

    [...] uchiumiです。 今日のDBは前回に引き続きSQLの書き方を学びました。 [...]

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree