英語 PHPのマニュアルを読む(よく使う配列関数)

muroiです。
最近は英語の記事を書く事が多いです。
しかしちょうど苦手という事もあり、ブログを書きながら復習もして頑張ります!
さて今回は、前回までやっていた基礎文法をいかしてPHPのマニュアルを読んでいきました。

今日使ったPHPマニュアルの関数一覧(英語)


どれもPHPで配列を使う上ではよく使う関数ばかりです。英語を読んでさらに理解を深めていきたいです!
自分で重要だと思った所。

The following example demonstrates how to create a two-dimensional array, how to specify keys for associative arrays, and how to skip-and-continue numeric indices in normal arrays.

array関数の中にこういった英文があるのですが、「how to」(〜の仕方・方法)が繰り返しでていてそれぞれarrayの使い方を説明しています。
また

The second condition fails because in_array() is case-sensitive, so the program above will display:

in_arrayの例文の一部の、「case-sensitive」(〜区別する)のような2つで決まった訳し方をするものもあるので覚えておくとあとで出てきたときにすぐ訳す事ができます。
「case-sensitive」に関しては、以前訳していたPHPマニュアルの別の構文を訳していたときに「case-insensitive」といったこれと逆の意味となるものも出てきており、そのときのを覚えておければすぐに理解できたと思いました。

これからも一度訳したからと言って覚えたと思い込まず、何度も確認して学習していきたいと思います。

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree