はじめてのDB

uchiumiです。

今日は初めてDBについて学びました。

DBについて

DBとは、Datebeseの略で、ただのデータの集まりではなく、
整理整頓され使いやすくしたデータの集まりです。
そしてこれを管理するのがDBMS(DatebeseManagementSysyem)です。
またこのDBMSのことも含めてDBといったりするそうです。

DBMSの型について

DBMSの型は、

  • ツリー型
  • ネットワーク型
  • オブジェクト指向型
  • リレーショナル(関係)型

などがあります。
私たちは、この中のリレーショナル型を詳しく学んでいきます。

またDBMSの種類として、MySQLやORACLE、Postgresなどがあります。

データベースの構造

  • テーブル ・・・ データベースの全体。表
  • カラム名 ・・・ 項目名、フィールド名、カラム名
  • カラム  ・・・ 列。フィールドとか
  • レコード ・・・ 行。ローとも言う

となっています。

リレーショナルについて

リレーショナル型とは、RDBMSといってRelationalDatabaseManagementSystemの略です。

リレーショナル型にすることにより、それぞれのキー番号などで関連性を管理しておくことで、重複を省くことができます。

わりと簡単に書くと、

番号|名前
1  Aさん
2  Bさん
3  Cさん

というテーブルと、

番号|名前
1  男性
2  女性

というテーブルがあったとしたら、

名前番号|性別番号
1    1
2    1
3    1

というテーブルを作って管理してあげるといった感じです。

SQL

プログラムからDBMSに、このデータとってきて!と頼む問い合わせ処理をqueryと言います。
そしてこの処理はSQLというものを使って行われます。
SQLとはStructuredQueryLanguageの略です。

SQLにはいくつか種類があり、

  • DML ・・・ すでにあるデータを選別してとってきたりする操作をする
  • DCL ・・・ 制御系
  • DDL ・・・ データ自体の操作をする(作成や削除)

などがあります。

SQLでできること

SQLでは以下のことができます。

  • SELECT ・・・ 問い合わせ
  • INSERT ・・・ データ挿入
  • UPDATE ・・・ データ変更
  • DELEATE ・・・ データ削除

これらを仕様して、データをいじります。

さて次回からは実習も取り入れて講習を行うようなのでどのような事をするのか今から楽しみです。
ちなみに私たちはMySQLでデータベースをいじり倒す予定です。

1 件のコメント so far »

  1. by hirayama, on 06.07.08 @ 11:59 AM

     
    SQLについて少し曖昧になっている部分を補足説明します。
    
    ■DML(Data Manipulation Language) データ操作言語■
    「DML」は、「SQLでできること」に書いてある4つがこれにあたります。
    データを問い合わせたり(検索・照会)、挿入したり、変更したり、削除したりですね。
    
    ■DDL(Data Definition Language)  データ定義言語■
    「DDL」は、データ自体の操作ではなく
    DBやテーブル”等”の作成や変更や削除ですね。
    ”データ自体”と”DBやテーブル自体”と混同させてしまったみたいですいません。
    
    ■DCL(Data Control Language) データ制御言語■
    「DCL」については、今後の講習で説明していきます。
    
    それともうひとつ、MySQLでデータベースをいじり倒す予定!
    だったのですがPostgreSQLになりました。
    ごめんなさい。。
    

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree