E-R 図#3ホテル予約システム、解答例

昨日にひきつづきE-R図市川です。E-R図の解答例が与えられ、それを元にノートに書いてみました。
前回のしっぱい例と比べてみましょう。

これが昨日書いたE-R図です。

画像:失敗例

今日書いたのはこちらです。

画像:修正版

よりごちゃごちゃしたように見えますが、考えてみれば昨日書いたE-R図は情報が少なすぎました。
entity内で持たせた情報が共有されておらず、これではより細かな情報が伝わっていません。
これだけの問題文のように見えますが、抽出すべき項目はたくさんあります。
修正版ではひとつひとつのentityの属性にIDと称して情報を持たせることにより、確かである(特定できる)ものとして見やすいため、ほかのentityと情報を共有していることも理解しやすくなっています。

また修正版右上の「客室料金マスタ」は、これは部屋マスタとカレンダーのつながりでできるものですので、両者に線のつながりを持たせても良いと思います。
マスタを立てたのは、宿泊料金を算出するのに部屋とシーズンとを参照しないと出ないので、その作業を軽くするためです。

そして1:nの関係がうまくできているので、図にすると流れがよく見えます。この場合だと、「会員マスタ」から「予約」に流れ、それから「空き部屋情報」にも情報を渡す。もしフロントサービスなどを利用した場合は、下のほうの「利用サービス」に行く。その一連した流れがきれいに見えるので、項目が増えてもぐちゃぐちゃには見えません。

以上、2日にわたりE-R 図を書きましたが、おもしろかったです。
昨日のような嫌な気持ちは、だいぶ克服されました。自分には解答が何通りもあるような曖昧なのは苦手です。中学生のころから国語と英語が苦手です。文系はだめです。。

2 件のコメント so far »

  1. by hasumi, on 05.14.08 @ 11:19 AM

     

    まだデータベースの講義はしていないようですが、データベースを勉強すると、ウェブサイトのデータベースのE-R図が想像できるようになるので、ウェブサイトを見る視点が変わって少し楽しくなりますよ。頑張って下さい、字きれいですね!!

  2. by ichikawa, on 05.15.08 @ 7:17 PM

     

    >hasmitさん
    コメント有り難うございます。
    データベース。確かそのようなこともおっしゃってました。phpとhtmlのことも、スタイルシートを覚えて幸せになりたいです。
    小さい頃書道をやってたのでまだスキルが残ってて良かったです。有り難うございます。
    これからもよろしくお願いします。

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree