Emacs#5 elisp,Emacsのカスタマイズ

市川です。5回目のEmacs講義について書きます。

今日新しいプログラム言語として「 elisp 」を少し習いました。
本日習った内容と新しく使ったコマンドと一緒に説明していきます。

Cはコントロールキー、Mはメタキーとします。

Emacsを立ち上げてから、「 C - x b 」入力後 「*scratch*」を入力、enter。
そこでバッファが表示されます。 ここは変更してもセーブされない為、ここでelispの練習と知識を得ました。

elispを使って簡単な計算をしてみました。

例えば(+ 1 2 3)

これで1+2+3の計算式ができます。
結果は 、カーソルを計算したい式の直後に合わせてから、コマンド「 C - x C - e 」でミニバッファに表示します。この計算式だと”6”と出ます。
次に変数です。

これは以前phpでも習ったばかりですが、elispでは「setq」という変数の言語を使います。

例として   ( setq AAA 500)

と書くと、500がAAAに代入されます。 しかし、変数の式も「 C - x C - e 」で実行しないと代入されないので、注意が必要です。ここはphpと違う気がしました。

最後に、このsetqを使いEmacsをカスタマイズしてみました。
Emacsの文字色と背景色を変えてみました。
以下、ファイルに入力した内容です。

(setq default-frame-alist
(append (list
‘(foreground-color . “white”)
‘(background-color . “black”)
‘(border-color . “black”)
‘(mouse-color . “white”)
‘(cursor-color . “green”)
‘(alpha . (92 nil nil nil))
)
default-frame-alist))

以上

alphaという画面を半透明にする効果は、調べて付け足してみました。
これで私のEmacsは背景が黒くなり、少し透けていて、文字は白く、カーソルは緑になりました。
自分だけのEmacsになったという気分になって愛着がでます。
もっといいカスタマイズができないか探してみます。

今日はelispに少ししか触れなかったので、次回の授業が楽しみです。

—-
(2008/04/21 18:51 hirafuji追記)
お待たせしました〜動画をどうじょ!

1 件のコメント so far »

  1. by スタートアップ研修記 » Emacs#6 emacsのカスタマイズ その2, on 04.22.08 @ 7:05 PM

     

    [...] 今日はemacs初級入門最終日ということで、前回に引き続きemacsのカスタマイズのやり方を教えていただきました。 [...]

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree