コンピュータと社会(2回目)

muroiです。

今回は、前回のコンピュータと社会の続きを勉強しました。

今回の授業内容

今回は以下の通り

・コンピュータウイルス

・著作権について

の2つについて学びました。

ウイルスの感染経路はメールがほとんどであり、出所があやしいファイルはすぐ開かない!チェックする。とのことです。

他にもWEBブラウザ経由で感染することもあるので、あやしいサイトは開かないようにしましょう。

また、案外見落としがちなのが、他人から借りたりファイルをもらったりする際に利用する外部メディア等からの感染経路もあるそうです。

著作権の話では、違法コピー問題、オープンソース・フリーソフトを利用する際の注意点やライセンス等について学習しました。

オープンソースと、フリーソフトの違いは、オープソースというものは、ソフト自身のソースも公開されていて、修正・作成していいよー。という違いがあるそうです。(オープンソースごとに制限があるのでそれを適用して公開・利用しましょう。)

資料等は前回の記事に添付してあるものの後半の内容となります。

講義資料

—-
(2008/04/10 19:00 muroi)
お待たせしまた。動画を公開します!

1 件のコメント so far »

  1. by takekoshi, on 04.07.08 @ 4:38 PM

     

    念のため補足しますと、今回のオープンソースなどの分類はかなりざっくりしたものです。「オープンソースとは正確には……」と詳しい話になると本来の目的(ライセンス違反しない、そのために種類を一通り抑える)とは離れていってしまうので、かなり大雑把な説明になってしまっています。

Comment RSS · TrackBack URI

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree