shell入門

uchiumiです。

今日はshellについて学びました。

目的は、仕事ではマウスなどで操作するGUIより、キーボードで操作するコマンドラインを使うことが多いからだそうです。

内容としては、

・コマンドラインは、コマンド、オプション、ディレクトリがあること

・GUIではできないことができること

・rootさんは管理者でなんでもできてしまうこと

・パーミッションについて

です。

見えないファイルをみれたり、どこにどんな権限があったりするのかをみれたりと、とても便利なものだと思いました。

以下今日教わったコマンドです。

・ls             → 現在のディレクトリにあるファイルを表示する

・ls -a            → 隠しファイルなども表示する

・ls -l            → 更新日付・サイズなどの詳細も見れる

・ls -l -a           → 隠しファイルを表示しつつ、詳細が見れる

・ls -la            → 2つ以上のオプションを指定するときはこんな指定ができる(上のコマンドが実行される)

・ls -lt            → tは日付順に並び替えることができる(普段はファイル名順)

・ls -ltr            → rは並び順を逆にする

・ls /etc           → 他のディレクトリの中身をみる(この場合、etcディレクトリの中身を見る)

・cat            → ファイルの中身を表示する

・ls -l /var/log/system.log  → システムログのパーミッションが見れる。

以上です。

似た様なものはコマンドプロンプトで使ったことがありますが、同じ動作だとしても命令が全然違うので、これも覚えるのが大変そうです。

—-

(2008-04-04 20:35 takekoshi追記)

使用した資料を添付します。一週間お疲れ様でした。聞いたことのないキーワードがバンバン登場して大変ですが、一緒にがんばりましょう!

講義資料

—-

(2008-04-08 19:25 hirafuji追記)

お待たせしました〜。動画をアップします!

コメントをどうぞ

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

Spam Protection by WP-SpamFree